健康と幸せの青汁

健康と幸せの青汁

誰だって健康で長生きをしたいと思いますし、長生きをして人生を愉しむ間は、できるだけ年齢に逆らって美しくありたいと思います。これって誠に当然の気持ちです。
青汁は、百害あって一利なしの真逆で百利あって一害もないものです。ただ、あえて一害あるとすれば、過度の摂取による下痢やムカムカといったものですので、副作用というより飲む量の調整の問題となります。お薬とは違いますので、当然薬品的な副作用はなく、ただただ健康で健やかな生活をサポートしてくれる、健康サポーターのような存在と言えます。
この良きサポーターを、まだ試したことがないという方は、既に日常生活に取り入れていますという人に比べて、幸福度が○%下がっているとかなんとかいう数字は具体的にはありません(笑)ですが、あえて筆者的に言わせていただくと、筆者的独断と偏見の統計によると、他の人よりも健康度は13%程は高い自信があります(※あくまでも個人の感想です)このストレス社会を乗り切るためには、一に運動、二に睡眠、三四がなくて五に青汁と言っても過言ではないくらい、青汁パワーはとても大きいものです。深くて濃い青の力を借りて、ぜひ国民総健康的高齢化アンチエイジング社会(?)といこうではありませんか。