飲めば楽しい食べても楽しい

飲めば楽しい食べても楽しい

パウダータイプや冷凍タイプの青汁ってただ単にお水に溶かして飲むだけと思っていませんか?そんな単調な飲み方ばかりしていたら、すぐに飽きてしまい、決して継続することはできません。
実は青汁にはバリエーション豊かな楽しみ方があるんです。例えば飲み物という一つの方法をとってみても、お水だけでなく、炭酸水、牛乳(ホットやアイス)、豆乳、ジュースなどと割って飲むという方法がおススメです。特に筆者のおススメはホットミルクや温めた豆乳で割る方法です。抹茶オ・レのような外見と味わいで、立派なデザートドリンクになります。
その他には、スープに混ぜたり、蒸しパンのようなスイーツに混ぜるのもおススメです。青汁は苦みが強い物でも、緑の色は見られるものの、お料理やスイーツに混ぜてしまうとさほど味を感じません。ですので、一言で言ってしまえば、どんなお料理にも、どんなスイーツにも合わせやすいと言えます。そのまま飲めば結構な味の主張がある分、かなり不思議な気持ちになりますが、それでもバリエーションが豊富な点は、楽しむ幅が増えて、嬉しい限りですよね。これでまた青汁ビギナーの方のハードルを一つ下げることができたのではないでしょうか。